葬式

前回いろいろ書いたんだけど、直接話したほうが早ぇ!と思って、葬式の実行犯の人物と話してきました。

いろいろ話してくれたうえに1万円くらい奢ってくれ(干支ひとまわり以上ぼくより下です)、しかも0時を過ぎて解禁されたばかりのボジョレーをボトルで頼んでくれた直後、ぼくは終電でさっさと帰ってしまうという大変失礼なことをしでかしてしまいました。うける。

で、多摩美術大学芸術祭で行われた佐野研二郎氏の葬式についてわたしの口から言えることはなにもないです。
ほんとうはこのブログのネタになるかとも思ったんだけど…まあ。

ということでこの件に関しては、ひとまずぼくのなかで結着しました。

フィネラル

多摩美術大学の学園祭において行われた佐野研二郎のパフォーマンスについて思ったことまとめ

・パフォーマンスを行っていた学生は予備校で教えたことがある。
・彼はオリンピックエンブレム問題以降、一貫してサノケンをネタにし続けていた。たとえば昨年の芸祭ではサノケンの手作りの人形を売りさばいたし。
・彼の性格を考えればこういう社会を敵に回すようなパフォーマンスをすることは不思議なことではないなと思った。
・真面目に予備校に来て制作をするタイプというよりは、自分たちが浪人してたころによくいたちゃらんぽらんなタイプ。作品が面白いというより人が面白い。
・話題になる前にTwitterで葬式の様子をみたが、個人的にこれは炎上するかもなーと思った。そしたら数時間後にはすっかり燃えあがっててウケた。

・学園祭という場で行われたことを拡散され好き勝手袋叩きにされるのはちょっとかわいそう。
・でも、すでにそういうリスクを考えなければいけない時代ではあるから、行ったことに対する責任はある。

・常見陽平とか、識者と呼ばれる第三者がいきなり問題にダイブしてくることによって面倒なことになってる。
・いまから20年前、神戸児童連続殺傷事件のとき、テレビのコメンテーターが犯人や15才くらいの年代の子たちに寄り添うことなく、好き勝手言ってたときのことを思い出した。
・パフォーマンスしたあの学生たちはんな難しいこと考えてやってないよなきっと。なんかしらの感情はあったにしろ。
・テレビやネットの人たち、彼らはあのパフォーマンスがアートなんてひとことも表明してないのになんでアートとして行っていることが前提になってるの。

・「滑ってるからアートとして成立していない」「センスがないのが問題」って否定の仕方なんなの。滑ってるか否か、センスがあるか否かって主観の問題でしかなくね。
・法的にうんぬんみたいな話も見かけるが、学園祭で学生がやったことに対してもそういう話になる時代。この問題はアルバイトがアイスケースに入ったり厨房のシンクに入った写真をTwitterにあげることと同じ話なのか、違う話なのか。花巻南高校の野球部員監禁と、じゃあなにが違うのってところもあるし。
・chimpom、カオスラウンジ、ろくでなしこ等、日本おいてアートが話題になるのはこういった「不謹慎」なことがあったときだけ。それほど日本社会が保守化(政治的な意味ではありません)しているということであって、むしろこういった「不謹慎」で物議をかもすような表現が出てくるのは当然だと思った。結局こういうのが話題になるのも、今の日本がどれだけ相互監視的に抑圧されているかということと裏返しなのかもしれない。

・エンブレムからのお葬式、この1年で多摩美生のメンタルはボロボロ。あんなに憧れだった多摩美、そしてグラフィックデザインが好き勝手言われたい放題。闇落ち不可避。
・多摩美としてはサノケンのことやお葬式のことをどう思っているのか。
・美大生はデザインやアートに理解を示さない日本社会をクソだと思いつつ、お手本となるべきデザイン業界の人々もまた信用するにたり得ないことを理解している。こういう問題が起きたとき大学もデザイナーも知らんぷりし、だれもデザインを守ってくれない。デザインを学ぶ美大生はなにを目指せばいいのか。


とりあえず。加筆や修正すると思います。

無題

最後の更新からだいぶ経ってます。
この数ヶ月でメキシコシティいったりロスいったりサンクトペテルブルグいったりバルト三国まわったりして、いまは離島で暮らしてます。でもあいちトリエンナーレも行ったしトーマスルフもみたし君の名は。だってみましたよ。更新を止めたわけじゃありません。どっかのタイミングでまた書くんじゃないかな。ツイッターのほうはそろそろきちんと消そうかな。

2010年あたりで盛り上がった日本国内のアートの流れは、その後の日本のアートの価値観を大きく変えるかと思いきや、いつしか細く枝分かれし、お互い衝突しない距離を保つようになった。日本のアートの世界はさらに細分化が進み、よりマニアックな世界になってしまった。どんなものをみてもそれなりに楽しいが、内輪の盛り上がりといえばそれまで。アカデミズムに対する憧憬がアートをつまらなくする。

無題

先日、多摩美術大学グラフィックデザイン学科の元教授である佐藤晃一氏の訃報を聞いた。多摩美を退職されたのはつい1,2年ほど前のことだったはずで、あまりに突然の訃報に驚いてしまった。





グラフィックデザイン学科を象徴する先生だったと思う。

自分が学生だったころからグラフィックデザイン学科に在籍する学生はことあるごとに「佐藤先生が〜」という言葉を口にするので、他科の学生は、たとえ彼のことを知らなかったとしても、自然と名前を覚えてしまうくらいだった。

自分はグラフィックデザイン学科ではなかったので、学生としては大学院時代にグラフィックデザイン概論という授業で何度か講義を聞いたくらいしか接点がない。それでも独特の口調で発せられる率直で切れ味のある言葉と、グラフィックデザインに対するぶれない考え方、そしてたまに見せる茶目っ気は魅力的で、グラフィックデザイン学科の学生たちが、デザイナーとして、そして教育者としても彼を尊敬するのはじゅうぶんに頷ける話だった。





私は彼に対して学生というよりも、予備校講師として接したほうが多く、そして記憶に残っている。

佐藤氏が多摩美の教授になってからの20年間でゆるやかにグラフィックデザイン学科の色彩構成の傾向は変わっていった。

端的に言えばそれまでのイラストレーションのような色数と手数の世界から、色彩と構成をシンプルにまとめたものへと変化していったのだ。手数勝負ではなくなったぶん、求められるアイデアと作業精度のクオリティも高くなっていった。2003年からは文字に対する感覚を見極めるため、見本の書体を与え、レタリングを課すようにもなった。それは一般的な高校生が考えうるグラフィックデザインの価値観のレベルを超えている、高度で挑戦的な入試問題だった。

グラフィックデザイン学科出身ではない私が、グラフィックデザイン学科への進学を希望する学生へ向けて受験対策を考えるとき、彼の言葉をほとんど唯一の手掛かりとしてグラフィックデザインというものにアプローチしていったと言っても過言ではない。毎年彼が中心となって多摩美のグラフィックデザイン学科の色彩構成の入試問題を考えていることを考慮すれば、それは必然的なことだった。

多摩美で行われる入試説明会ともなれば、彼の登壇する入試説明会に足を運び、作品の評価につながりそうな言葉を逐一メモして何度も読み返したものだし、個別相談会では予備校で指導している学生とともに彼が座っている列に並び、一緒に講評を受けたこともあった。グラフィックデザイン学科出身の講師からは「毎年同じことを言っている」という意見を聞くこともあったが、目の前の作品が、彼の目にはどう映っているかを聞くことはやはり刺激的で勉強になった。

ときに自分の価値観とはまったく合わない評価をすることも含めて、佐藤晃一先生からは平面デザインの見方、そして創作者としての哲学を勉強させてもらったと思う。多摩美のグラフィックデザイン学科出身でもなく、直接作品の指導を受けたこともない自分がこういう文章を書くのは非常に恐れ多いことなのだが、予備校講師時代、10年以上にわたって毎年のように受験に関してのお話を伺わせてもらっており、その記憶を書き記しておきたいと思った次第、お許し願いたい。佐藤晃一先生のご冥福を祈る。







リスボン⑥

リスボンは物価が安くて街もおだやかでいい感じ。なんでリスボンまで行ったかというと、インスタグラムで外人の芸能人がリスボンの写真をあげていて、いい雰囲気だな、と思ったからです。

最終日は街を散策。靴下を買ったりお土産を買ったり。
ポルトガルって服の工場とかがあったりして靴下なんかも安くてなかなか質がいいです。

IMG_5864


IMG_5865


IMG_5866


IMG_5867


IMG_5871
美術館だと積極的に写真撮るのに、町歩きとかそういうのになると途端に撮らなくなる男です。


IMG_5874
ポルトガルって、枯れた赤とか緑色のイメージ。


IMG_5884
コロッケ的な。4?5?ユーロくらいして観光地価格的なところはあるけど、熱々でチーズがたっぷりで食べ応えありました。お酒に合いそう。


IMG_5887
さよならポルトガル、さよならヨーロッパ。楽しかったよ。貯金消えたけど。


IMG_5899
おみやげのポートワイン。すごい甘くてデザートみたいな感覚で飲みやすい。でもアルコール度数は20%前後と高め。高いやつは高いけど、1本1000円〜1500円あれば買える。なかなか日本で飲む機会の少ないお酒なので、おみやげにオススメです。


いちおうこれで11月の旅行の記録は完です。雑。
まじで写真どうにかしたいわ。