ルクセンブルク

岐阜/イオ・ミン・ペイ

春ごろに滋賀のMIHOミュージアムに「バーネット・ニューマン 十字架の道行き」を観に行った。美術館へのアクセスのし辛さに比べて作品自体は「えっマジで」って思うくらいシンプルでこじんまりとしてたんだけど、とにかく美術館がすごかった。ここ日本かよって思うくらいのお金の使い方と完成度。


まだ行ったことなければグーグルで写真を観て、興味があれば行ってみるといいと思います。
んで、この美術館を設計したのはルーブル美術館のガラスのピラミッドを設計したイオミンペイっていう有名な人なんだけど、自分はこの3年間でペイの建築を割と目にしていたことに最近気がつきました。



IMG_4147
MIHOミュージアムの本館はちょっとまんが日本昔話かよ!っていうギャグみたいな見た目で、格好良く撮影するのはなかなか難しい。どんか感じかは上記リンクで確認してください。ここはちょっと変わっていて、美術館の敷地に着いてからさらに電気自動車または徒歩で美術館のある場所まで移動する。そのとき長いトンネルを通るんだけど、それがまたなんというか神秘的な体験というか、さすが母体が宗教団体というだけあるな、と。



IMG_9551
2012年、村上隆の展示を観にドーハ行ったとき、その会場のすぐ隣にあったイスラム芸術美術館も彼の建築でした。内部はすげー暗かったような記憶がある。でもイスラム芸術美術館、確実に訪れたはずなんだけど、内部がどんな感じだったかまったく記憶に残ってない。



IMG_2995
で、ルクセンブルク・ジャン大公現代美術館、MUDAM。今思い返してもやっぱこの美術館最高だったと思う。美術館が好きなら絶対行くべき。作りはちょっとMIHOに似てる。でも、美術館自体のスケールはこちらのほうが上。特にこの古い城壁とガラスの建築の絡み合いが最高。



すでに何度もしている話なんだけど、学生時代は建築の面白さってまったく理解できなかった。でも何度か旅行しているうち、最近はむしろ建築が楽しみで旅行してる。美術作品と建築空間って絶対に切り離せない。どんないい作品でも建築空間が良くなかったら良く見えないし、逆に建築空間がよければ丸めた紙くずだって作品に見えてしまう、みたいな。


旅行していると、こういう共通項がいろいろ出てきて面白い。スイスで観た作家の個展をニューヨークで観た、とか。パリやドーハで観た展示を東京で観たらこうだった、とか。そういう感動って人に説明してもなかなか伝わらないし、説明する必要もないかもしれないし、本当に個人の知識欲を満たすだけのもの。いわゆる趣味ってやつです。そう、自分にとって美術は仕事ではなく趣味だったのかもしれないな、とか。まあその話は置いておくか。







IMG_4156
MIHOミュージアムの最寄駅に近江牛を食べさせてくれる肉屋があったから行ってみた。金箔で近江牛って書いてあった。12000円くらいする鉄板焼きのコースを頼んだものの、個人的には油っぽくてダメだった。牛肉もマグロも赤身が好き。


IMG_4160
んでその肉屋の近くの旅館にその日は宿泊。旅館に入るとおばちゃんがヌッと現れるような古い旅館。黒電話に共同の風呂トイレだったけど、リバーフロント(笑)で純和風の朝食つきで5000円くらいだった。牛肉よりたらこと漬物。京都にも電車ですぐ出れたし、お得感あったなー。



閑話休題でした。




MUDAM(ルクセンブルク現代美術館)

海外旅行から帰ってくるたび、記録としてブログを更新しようとするものの、完結したことがありません。
なので時系列じゃなくて、書きたい部分だけ書いていきます。





先日の旅行ではおもにパリを拠点としながら、その周辺諸国を回ってきたという感じなんですが、そのなかでもルクセンブルクにあった美術館が印象的だったので最初に書きます。


もともとルクセンブルクは以前から言ってみたかった国で、理由のひとつとしては近隣のやれドイツだフランスだベルギーだ、そういう国と比べるととても地味。なにがあるのかよくわからない印象があったこと。
もうひとつは、そんな地味な小国なのに1人当たりのGDPが世界一なこと。いったいどんな国なんだろ?と思って興味があったんです。ちなみに2年前に行ったカタールは当時世界2位で(現在3位)、同じくGDPの高い国を見てみたいという気持ちもありました。


そんなお金持ちな国にあるのがMUDAMという現代美術館です。
正式名称は「ルクセンブルク•ジャン大公現代美術館」と言うそう。
海外の主な美術館ならグーグルで検索すれば日本人の先駆者達によるブログなんかにひっかかって詳しい行き方なんかがわかるものなんだけど、MUDAMはウェブで調べてもあんまり詳しくでてこない。だからgoogleマップと地図を駆使して、散策がてら駅から歩いていってみた。…のがマズかった。


ルクセンブルクの町並みや要塞は世界遺産に登録されておりますが、「天然の要塞都市」とも呼ばれるように、街全体が渓谷なんですよね。
そう、MUDAMは渓谷の向こう側にありました。
だから平面的な地図で見るとわりかし簡単に行けそうなんだけど、実際は高低差がある。谷を下って、また谷を上らなきゃいけない。
けっこう大変だったねー。


しかも地図通りに歩いていこうとしたら、途中で道路がなくなって木々の生い茂った山道にぶちあたるの。
最初「え?」って思って、引き返したよね。道間違えちゃったかーって。
でも何回も地図を見返したり、周囲を探してみても、やっぱりその山道しかそれっぽい道がないんだよね。


だから、もうルクセンブルクの山で俺遭難して死ぬのかもなって決心して、ちょっとキツめの坂(伏見稲荷神社くらいの傾斜)を登ることにした。
そんときの俺、「ハァハァ…登山かよ…ハァハァ…なんでルクセンブルクで山登ってるんだよ…」ってひとりごと呟きながら、なんか笑えてたよね。
まあでも5分〜10分くらい?歩いてたらあっけなく森を抜けて、そしたら目の前にあった。




IMG_2995
MUDAM!
(この写真は帰りに来たときとは違うアングルから撮影したものですが…)


苦労してたどり着いただけあって感動はひとしお。
とにかくイオミンペイの建築が素晴らしかったです。


IMG_2996
そして内部も素晴らしい。
グランドピアノを破壊するパフォーマンスが行われたらしく、その残骸がダイナミックに展示されてました。


IMG_2994
ルクセンブルグ出身のツェ・スーメイの作品。黒いインクの噴水。白くて明るくて静かな美術館に、この黒さの対比がいい感じ。
数年前、水戸芸術館に個展を観に行ったような気がするけど…あんまり記憶にない。

IMG_2960
遠路はるばる日本から訪れて、真っ白く塗られただけのタブロー見るの、超テンション上がる。
皮肉じゃなくて、けっこうアートってこういうもんなのかなあって考えたりする。


IMG_2993
カフェも超いい。おしゃれ。


IMG_2964
アプリコットっぽい味のタルト。皿がかわいいよね。
コーヒーとセットで1500円〜1800円はした気がする。とっても美味しかったけどネ!


IMG_2981
野外にはジブリ的な作品があった。


MUDAM、予想以上に良い美術館でした。
ルクセンブルクは駅前とかダサくてボロい感じもあったけど、旧市街の要塞は迫力があった。決して写真では伝えられないダイナミックな景観。
街中にはブランドショップなんかも連なってて賑やかでしたねー。




IMG_2999
ちなみに参考までに。

この写真を撮影した場所はすでに駅から30分くらい歩いて、旧市街と言われる観光地を抜けた場所なんだけど、渓谷の向こうに見えるMUDAMまでさらに歩いて30分っていう感じです(うろ覚えですが)。
私は美術館の前に広がるあの森を抜けてきたんですねー。

結局行きも帰りも歩いてしまった。
でもバスとか、遊園地にありそうな汽車みたいな観光っぽい乗り物なんかとすれ違ったので、普通はそういう乗り物で行く場所かと思います。